天然石とパワーストーンって…?

天然石=パワーストーンではない!

「天然石アクセサリー」や「パワーストーンブレスレット」などとよく聞きますが、天然石とパワーストーンは一緒なのでしょうか?

天然石とは人工的に合成されていない鉱物・岩石を全て天然石といいます。自然から採掘したものは全て天然石と言えると言っても過言ではないと思います。
少し難しい言葉で言うと、無機質で規則的な結晶で成り立っているものだそうです。琥珀や真珠の様に動物や植物由来の有機質のものも天然石に含まれます。

つまり天然石は石のことです。石なんてどこにでも転がっていますが、そんな石に神秘的なパワーが本当にあるのでしょうか?もしどこにでもあるような石がパワーストーンであるのならば、わざわざ購入しませんよね…(笑)
そんな数ある天然石の中から選びぬかれたものが「パワーストーン」となります。その選ぶ基準となるのが天然石の持つ不思議なパワーや力、オーラなのです。このようなパワーを持つ天然石は稀少なものなので、パワーストーンによってはとても値段が高いものがあります。輝きの強いダイヤモンドの値段が高いのと同じですね!値段が気になる方は天然石の通販サイトなどで様々な天然石を見てみてください。

持ち主の意識で変わる?パワーストーンの定義

例えば、ダイヤモンドと聞くと高価なアクセサリーというイメージがあると思います。そして、ダイヤモンドは天然から採掘されるため天然石と言える、という点もお分かりいただけるかと思います。
では、ダイヤモンドがパワーストーンですよと言われたらどうでしょう?これはちょっとピンとこない方が多いかもしれませんね。

ダイヤモンドも立派なパワーストーンで心を癒したり強くするというパワーを持っています。しかし、 ダイヤモンドをパワーストーンだと意識して持つ人はかなり少ないのではないでしょうか。それゆえ、ダイヤの指輪を綺麗に手入れすることはあっても、浄化をする人はいないかもしれませんね。

ダイヤモンドは天然石の美しいアクセサリーであり、パワーストーンなのです。ダイヤモンドを「ジュエリー」として持つか、「パワーストーン」として持つかの違いと言えるでしょう。