天然石とは…

天然石とはなにか。

天然石とは人工的に合成されたもの以外の鉱物、岩石の総称になります。
一定の化学組織を持ち、長い年月をかけて自然がつくり出したそれは、無機質で規則的な結晶構造からなりまたっています。
天然石は合成品とは異なり、それらは環境などのその土地の条件でひとつひとつに異なった輝きを持ちます。
それにより、天然石には不思議な力があると考えられ、パワーストーンと呼ばれています。
パワーストーンは天然石アクセサリーとしてネックレス、リング、バングルなどのアクセサリー類として楽しまれています。

天然石アクセサリーのお手入れ方法

さて、そこで気になるのが天然石アクセサリーの手入れになります。

天然石といえど、「石」と考えてしまうと、大抵の方は「石ならば丈夫で手入れなど不要なもの」だと考えがちです。
しかし、実はとてもデリケートな素材になります。


特に直接肌に触れる機会の多い、ネックレス、リングなどの天然石アクセサリー類は、皮脂や汗、化粧によって、汚れが付着しやすい状態となっています。
また、汗に弱い天然石もあります。
皮脂や汗、このような汚れをケアするだけで、天然石は長い間、その美しさを保つことが可能です。
ですが、天然石アクセサリーに特別な手入れは必要ではありません。

まず、天然石アクセサリーを軽く水洗いをします。
次に、その水分を丁寧にふき取ります。
それだけで見違えるほどに綺麗になります。
日常的に簡単な手入れをするだけで艶や輝きを取り戻すことができます。
また、水に強い天然石であれば水に直接つけて汚れを落とすという方法もあります。

もし、水に弱い性質の石や濡らすことができない素材を使用している天然石アクセサリーであれば、柔らかい布やジュエリー用のクロスなどで丁寧に拭くだけでも違ってきます。

天然石アクセサリーのお手入れ方法の注意点

注意点として。
天然石は非常に温度変化に弱いものになります。
お湯や水につける際はゆっくりとつけ、急につけることは避けてください。
また、市販の石鹸やシャンプーの使用や温泉への天然石アクセサリーをつけたままの入浴も御遠慮ください。
これらに含まれる成分も、天然石に好ましくないものが多く含まれています。


天然石アクセサリーの手入れに洗剤や専用のクリーナーといったものを使う必要はありません。
天然石アクセサリーはやわらかく乾いた布で優しく磨いていくだけで美しさを保ってくれます。

また、手入れをした天然石アクセサリーは別々に保管する必要があります。
これは、衝撃や天然石どうしのぶつかりに弱い場合に欠けてしまうなどの破損を防いでくれます。

天然石は種類によっては非常にデリケートなものです。
天然石アクセサリーを長く、そして美しく使用するために大事なことは、毎日の簡単な手入れです。

pickup

鈴木正行の著書
https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E8%A1%8C/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E8%A1%8C

最終更新日:2017/1/25